忍者ブログ
お金の知識やあれこれ…
[13]  [12]  [11]  [10]  [9]  [8]  [7]  [6]  [5]  [4]  [3
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

先物取引(さきものとりひき)とは、将来の一定の期日に、今の時点で取り決めた価格で特定の商品を取引する契約のことです。
しかし、商品先物取引というと、ハイリスク・ハイリターンのイメージを持っている人がまだまだ少なくありません。そのせいか、商品先物取引は一部のプロの投資家のものと思っている人も多いと思います。
例えば資産運用が目的の場合、受け渡し期日以前に価格が上昇すると予測した時は買い契約をし、価格が上がった時点で売って(転売)その差益を手に入れることができます。
取引所で行われる取引のことを取引所取引といいます。取引所取引の特徴は、商品が定型化されていて、期限日まで、いつでも反対売買を行えることにあります。この期限日のことを「限月(げんげつ)」といいます。また、買う予約をすることを「買建て」、売る予約をすることを「売建て」といいます。
その一方で、95年頃からインターネットが家庭にまで急速に普及し、誰もが容易に金融商品の情報を得られるようになり、金融商品の売買や決済もインターネットを使えば家庭でできる時代になりました。
資産運用が目的の場合、資産の有効活用という面から考えると先物取引が最適といえるでしょう。
先物取引は、当初の予約(買い予約、あるいは、売り予約)に対して、予約の期限(限月)までに、反対取引(売り、あるいは、買い)を行い、その損益をやり取りする取引です。
商品先物取引では、売買した商品を必ず受け取ったり渡したりする必要はありません。
価格変動の予測が外れると当然損失が生じますから、取引に際しては十分な市場分析と理解が必要となります。
【PR】人気クレジットカード

先渡取引では、通常、予約日に金融商品の受渡しを行いますが、先物取引では、商品を受け渡す代わりに反対取引をして、生じる損益だけを受け渡します。これを差金決済と呼んでいます。
商品先物取引は株式取引と異なり、商品銘柄や取引単位が商品先物取引所ごとに決まっています。金なら1kg、銀なら60kgです。そしてそれぞれの取引単位は「枚」と呼ばれています。ですから、例えば金3枚なら3kgの取引をすることになります。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
忍者ポイント
カレンダー
05 2018/06 07
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
フリーエリア
最新CM
プロフィール
HN:
No Name Ninja
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
忍者ブログ [PR]